電話代行の一般的な業務を知っておこう

img1-1

電話代行には、一般的に情報を発信するタイプのものと情報を受け取るタイプのモノの二つがあります。

通常のコールセンターなどで利用されている多くの電話代行のサービスは、情報を受信するタイプのものが多く、これをインバウンドと言います。

出んわい代行のサービスは、教育を受けた電話サポート専門の相談員が対応するので、客より先に電話を切るなどの基本的なマナーを守らない心配もありませんので安全に利用できます。インバウンドは一般企業を専門的に支援するサービスと、全般的なコールセンター型に分けられます。
一般企業対応型は、その企業の事務員をイメージして電話に対応するタイプです。個人でビジネスをしている人は、事務所から出払ってしまうこと多いのでこうしたタイプは利用しているところが多いです。



コールセンター型は注文受付や顧客クレームの一時受付、そして製品やサービスのメンテナンスと修理依頼受付など多数のオペレータがそのタイプです。


文字通り、奇病の全般的なサービスを請け負う仕事であるため、一般的な電話代行のイメージはこちらが優位です。



電話代行は、自社でコールセンターを立ち上げた場合に比べて非常に安価で手軽に利用できるようになっています。



受信した電話の報告方法は一つではなく、電話やメール、旧時代のFAXであっても対応してくれるところが多いです。

無駄な費用をかけずに電話対応のシステムやマニュアルを作りたいときには非常に便利です。

電話代行の学びたい知識

img2-1

少人数で会社を切り盛りしている企業にとっては、電話の応対をする人員を確保するにも一苦労です。今は少子高齢化の時代ですので人件費も高騰している傾向にありますし、働く側の希望としてもより経験を積んで自分を高めたいという人は電話応対だけという業務内容では募集をかけたとしても応募がないことも珍しくありません。...

more

電話代行コラム

img3-1

一般的なオフィスではほぼ必須とも言うべき電話応対ですが、近年はこれをプロフェッショナルに委託する傾向が強まっています。ひと昔前は、雇用した人材を教育し、徐々にスキルを身につけてもらうのが当たり前のやり方でしたが、即戦力が求められる現代においては、完成された人材を求める傾向が高まるのも無理からぬ話と言えるでしょう。...

more

電話代行の注目情報

img4-1

会社の仕事においては、電話の応対というのは大切な仕事には違いありません。しかし大量の電話応対に追われると、本来やらなければいけない仕事がなかなかはかどらなかったりすることも多いです。...

more

電話代行の基礎知識

img5-1

電話応対の為に、オペレーターを採用している会社も少なくありません。しかし、オペレーターを採用するとなると、それなりの人件費が発生します。...

more
top